小児針について

このエントリーをはてなブックマークに追加

小児鍼とは?

小児針は子供のはりの総称です。

小児針は一般的な鍼治療のように体に鍼を刺したりすることはありません。皮膚をソフトに擦ったり、叩いたり引っ掻いたりすることで皮膚を刺激することで施術を行います。

皮膚を刺激をするだけで効果があるの?と疑問に思われるからもしれませんが、小児期は感受性も豊かで体も刺激に対して敏感なので軽い皮膚刺激でも十分な効果が期待できます。

何歳から受けられるの?

0歳(8週目以降)〜10歳くらいまで施術を受ける事ができます。
お時間は年齢に合わせて数分から15分程度かかります。

お子様が小さいほど刺激に対して感受性が高いので施術時間は短くなります。

小児針は病気の予防や健康増進の一つの手段として最適です。

小児針は自律神経の働きや体のバランスを整え自然治癒力を活発にする効果が期待できます。

それによりお子様の健やかな成長をお手伝いします。

どんな時に受けたらよいか?

疳の虫 夜尿症 食が細い 風邪を引きやすい
虚弱傾向 夜泣き 喘息 ADHDなど…

治療間隔は、初診時には3日連続で通院していただきます。その後、週2回→週1回→2週間に1回と、間隔を空けていき、最終的には1か月に1回の治療を目指します。治療間隔は、最終的にはケースバイケースで、お子様の状態によってアドバイスさせていただきます。


家庭でも小児針をオススメしています。

治療は当院だけでなくご家庭でもオススメしています。
ご来院時に家庭で出来る簡便な方法をお伝えします。

又、時折小児針についての健康教室なども開催していますので、ご都合のよろしいときはご参加ください。



料金:1500円